ホーム > 企業のニュース

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、以下、トランスコスモス)と、応用技術株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:船橋俊郎、以下、応用技術)は、2018年8月31日にグランドニッコー東京台場で開催されます、「Autodesk University Japan」にGlobal Sponsorとして協賛します。

Autodesk University Japan ロゴ

「Autodesk University Japan」は、製造、建築、土木、メディア&エンターテインメントなどの業界において、将来を見据えながら業務に役立つ情報を「学び」、さらに参加者が「交流」の場として活用するカンファレンスです。

トランスコスモスと応用技術は、BIM(※1)/CIM(※2)を軸に建設生産プロセスをつなぐConnected BIMの展開を進めており、一連のサービスを「to BIM(※3)」と称しサービスを提供しています。
「Autodesk University Japan」においても、この「to BIM」サービスを活用した事例をランチセッションとブース展示にてご紹介します。

  • ランチセッション(2枠)
    11時55分~12時35分
    「BIMのトップランナー外伝 ここでしか聞けない本音トーク シリーズ3」<パネルディスカッション>
    11時55分~12時35分
    (仮)BIMにForgeを使うアイデア 2018 FORGE開発の実例とサンプルアプリのご紹介
  • ブース展示
    ~BIM/CIMの価値を最大化~
    「to BIM」の実績やサービスの紹介と、デジタルトランスフォーメーション実現の相談受付を行います。

また、ランチセッション「BIMのトップランナー外伝 ここでしか聞けない本音トーク シリーズ3」<パネルディスカッション>は、当日収録したものを後日Webセミナーとして公開いたします。公開日時などはto BIMサイト(https://tobim.net/)にてお知らせいたします。

トランスコスモスと応用技術は、「to BIM」を活用し、今後も建設業界のデジタルトランスフォーメーションを牽引していきます。

※1:BIM/Building Information Modeling
コンピュータ上に作成した3次元の形状情報に加え、室等の名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げ等、建築物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築すること。

※2:CIM/Construction Information Modeling
計画、調査、設計段階から3次元モデルを導入することにより、その後の施工、維持管理の各段階においても3次元モデルを連携・発展させて事業全体にわたる関係者間の情報共有を容易にし、一連の建設生産システムの効率化・高度化を図ること。

※3:to BIM/トランスコスモスと応用技術が提供するBIM関連ソリューション
システム開発・導入サービス・活用サービス・BPOサービス・システム提供の5つのメニューで技術と人財の両面からBIM/CIMをトータルでサポート。

●トランスコスモス株式会社について

トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界33カ国・173の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。

●応用技術株式会社について

応用技術は1984年の会社設立以来、ものづくり支援やBIM、GISを活用したソリューションサービス事業と、防災・環境分野を対象としたエンジニアリングサービス事業を両輪に、お客様の現場の課題解決に貢献できる企業となるべく、常に最先端の技術・製品・サービスを提供できる企業として技術スキルを高めながら成長しています。応用技術はトランスコスモスの子会社としてデジタル技術の活用による「Digital Transformation」を推進しています。(URL:http://www.apptec.co.jp